筋肉痛の回復には何を摂ると良いの?超おすすめの食べ物ならコレ!

運動した後の「今日も頑張ったな・・・」という達成感は、心地よい疲労感とともに、爽やかな気持ちと充実感を私たちに与えてくれます。

でも、その代償として、あの「筋肉痛」が・・・あとになってやってきますね(苦笑)。

筋肉痛は運動の負荷で傷ついた筋肉が必死になって修復しようとしている証拠です。

筋肉痛を早く治すためには、そんな修復材料を積極的にサポートしてあげる事が大事。つまり、食事の内容を少し筋肉のために思いやって考えてあげることが必要です。

そんな

  • 「筋肉痛のために良い食事」とは何なのでしょうか?
  • どんな食事が「筋肉痛」を早く解消するために有効なの?

というものをご紹介します。

スポンサーリンク

筋肉痛の回復には何を摂ると良いの?

筋肉が修復されるとき、何が一番必要なのでしょうか?

それは・・・「修復材料」です。
あ、すみません・・・当たり前の答えでしたね?(苦笑)

それではその修復材料って、どんなものなのでしょう?それが次の3つです。

1.タンパク質

タンパク質を補給することで、筋肉の修復が促進され、スムーズな回復に向かうことが出来ます。代表的なものが次の食材です。

【豚肉】【牛肉】【魚】【牛乳】【大豆製品】

2.ビタミンB  ビタミンC

ビタミンBは、

  • 身体の調子を整える
  • タンパク質の合成を促進する

などの効果があるということでも知られています。

ビタミンCは、

  • 血行促進に効果

があり、血流を促進し、筋肉修復に必要な酸素を身体中に配給するパワーを強めてくれます。

ビタミンBでは以下の食材が有効です。

【うなぎ】【豚肉】【にんにく】【レバー】【ピーナッツ】

またビタミンCは以下の飲み物から多く補給できます。

【100%オレンジジュース】【グレープフルーツジュース】

3.ミネラル(亜鉛・クエン酸)

ミネラルは疲労物質である乳酸を除去してくれる働きをもっています。

亜鉛では【牡蠣】【レバー】【豆】
クエン酸では【レモン】【梅干し】【キウイ】

に多く含まれています。

スポンサーリンク

食べるタイミングはいつ?

食べるものはわかったとして、それをいつ食べる・・・いつ身体に補給するのが一番効果的なのでしょうか?

理想的には運動(ジムで行ったトレーニングなど)後30分以内に補給するのが良いとされています。

ただ、一般的にはその補給は夕食などになるでしょうから、運動後30分以内に必ず夕食とは限りませんよね?

そんなときは、

  • ハチミツ漬レモン
  • 牛乳
  • 豆乳

などで、応急的な補給ができます。

筋肉痛の回復に良い食べ物(超おススメメニュー)

では、具体的にどんな料理が筋肉痛の回復に有効なのでしょう?ここではそんな「超おススメメニュー」を3つご紹介します。

1.豚肉のしょうが焼き

※筋肉痛の回復メニュー、1番のおススメメニュー!

レシピも簡単な「豚肉のしょうが焼き」は、筋肉痛からの回復にはピッタリのメニュー!

タンパク質とビタミンB1をともに含む豚肉をメインに、にんにくを加える事でビタミンB6もバッチリ補給できます。これにデザートでキウイでも食べれば言う事なしです!

2.レバニラ炒め

このメニューは好き嫌いが多く、苦手な人もいるでしょうが・・・(苦笑)。レバーもタンパク質とビタミンとミネラルが存分に含まれている筋肉修復対策にイチオシのオールラウンドプレーヤーです。

3.うな丼

そして、3つめのおススメメニューが「うな丼」です。うなぎもタンパク質はもちろんのこと、ビタミンB群が多く含まれています。また、うなぎは魚類でもあるので、うなぎの脂質はコレステロールを抑制する良質な脂です。

「タンパク質を摂るのは解かるけれど、お肉をガツガツ食べるのは気が引ける・・・」そんな人には安心のメニュー、そして女性には一番おススメメのニューかもしれません。

筋肉痛の回復に効く食事って・・・結局・・・?

筋肉痛の回復に良い食べ物――栄養素や食材、そしてメニューをご紹介しました。でもこれって結局、普段の生活でも必要な栄養素でもあり、食材であり、メニューです。

何も特別なサプリメントや食事療法ではありませんね。

要は身体に必要なものを少し筋肉回復のために多く補給しましょうということにすぎません。身体が「元気になる」「疲労を溜めない」食事は人間が人間である以上変わりませんよね。

今回は「筋肉痛の回復に良い食べ物」を考えましたが、バランスの取れた栄養素でしっかり含んだ食事というのは私たちの健康的な生活に不可欠だということですね。

さぁ、今日あなたは何を食べて自分の身体を応援しますか?

投稿本文下
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事