ウォーキングにはどんな効果があるの?おすすめのタイミングはいつ?

「最近太ってきたしなぁ~」
「何か運動しなくちゃなぁ~」

そう思いながらもなかなかまとまった時間も取れないし・・・という方は多いと思います。

でもちょっと待って!

何もジムに通ったり、本格的なスポーツをすることだけが運動ではありません。おそらく誰でも少しは毎日行っている「歩く」という行為。これも立派な運動なのですよ。

今回はそんなウォーキングのあれこれ、またウォーキングの優れたポイントをまとめてご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

なぜ今ウォーキング?

いつの時代も健康は人々の関心事の一つですが、今という現代ほど「健康」に関心が寄せられている時代もないかもしれません。

そんな中で最も注目を浴びている・・・いえ、もう少し言うと最も見直されているのが歩くという行為、つまりウォーキングです。

なんと言ってもウォーキングには他に比べて圧倒的なメリット、優れた点があります。それが次の5つです。

  • お金がほとんどかからない
  • はじめる時間も終わる時間も自由
  • 身体一つでできる
  • 年齢制限も経験や技術も不要で誰でも今日から始められる
  • 施設や広場もいなず、場所も自由

ぜんぶ得心ですよね?

そんなウォーキング(歩くという行為)は、「有酸素運動」という、立派な運動であるという考え方が唱えられてもうずいぶんと月日が経ちました。

それではウォーキングという運動がどれだけ効果があるのか?

手軽に誰でもできるのに「ここまでいいこと尽くめって!」と、改めて感心するばかりのウォーキングの効果を見てみましょう。

ウォーキングがもたらす効果とは?

ウォーキングの効果って本当に数えきれないほどありますが、ここでは代表的なものをご紹介します。

生活習慣病の予防・改善に効果的

高血圧や糖尿病、高脂血症などに代表される生活習慣病の予防・改善にかなり効果があると言われています。よく歩く人には高血圧も、また逆に低血圧の人も少ない、という研究結果があります。

血液を改善する

生活習慣病の予防は、具体的には血液を改善するという要素からもたらされます。それは血中のブドウ糖を燃焼させるのでそれが血糖値の減少へとつながります。

善玉コレステロールの量を増加させて血管内のコレステロールを肝臓へと除去、そして最終的に血管内にコレステロールが付着しにくくなります。

血圧を下げる

血液が改善されるとう結果、血液の流れもスムーズになり、血圧が低下して安定します。

骨粗しょう症を防ぐ

骨へのカルシウムの吸着が良くなって骨量が維持され、骨粗しょう症を防ぐと言われています。

筋肉、心肺機能の低下を防ぐ

ウォーキングは立派な運動です。ですので、運動の一番基本的な効果である筋肉の維持・強化や心肺機能の低下防止は、当然の効果ですね。

脳を活性化する

有酸素運動で酸素を多く吸収することで全身の血流が活発化し、必然的に脳の血流もよくなります。

ストレス解消

天気の良い日に、のんびりと散歩したあとの爽快感は誰でも経験したことがあると思います。爽快感は意外なほどに普段のストレスや精神的疲労を回復させます

ダイエット効果

そしてもちろん!ウォーキングを継続的に行うと、次第に体型の変化に気付くはずです。

ウォーキングによる体型の維持は、

  • もっともリバウンドが少ない
  • 食事の量を増やしても元の体型に戻り難い

と言われています。

老化防止

ここまで効果を並べられると「老化防止?当たり前じゃないの?」と、思われるかもしれませんが、「老化は足から」と言います。

身体の土台である下半身の筋肉を常に健康状態に維持することが老化防止に直結します

スポンサーリンク

ウォーキングにおすすめのタイミングはいつ?

ここまで効果が目白押し!のウォーキング。すぐさまやりたくなってきたでしょう?でも折角なら、一番効果的な時間でやりたいですよね?

ではウォーキングのおすすめタイミングはいつなのでしょうか?

朝食を食べる前

朝の光を浴びてウォーキングをするのはとても気持ちのよいものです。

気持ちだけでなく、

  • 光を浴びることで体内時計もリセット
  • 身体のリズムを取り戻す

などにも効果的です。

昼日中

日中は一日で一番身体が活動的になる時間です。カロリーの消費も一番多くなっていますし、晴れた日なら尚更です。

夕食を食べる前

実は意外にこのタイミングもダイエットに効果があります。程よくお腹も空いていますし、一日活動して身体の代謝も活発になっている時間帯だからです。

夕食の後

もっとも代表的な時間帯ですね。「食後の散歩」は定番です。食後1時間半から就寝2時間前の間がおススメです。

結局、どの時間も効果的だということですね(笑)。ウォーキングって本当はいつでもできますし、個々人の日々の体調もありますから、自分に最も適した時間にやるのが一番です。

正しいウォーキングとは・・・

ウォーキングを始めてみよう!

「そこまで言われたら、ちょっと歩いてみようかな?」そう思われたのなら、ちょっとしたウォーキングのコツをお教えします。

それは「万歩計」です。

やっぱり人は形に残るもので自分の事を認めたくなるものです。よく「一日一万歩」と言われますが、万歩計で歩数を確認しながら歩くとすごく励みになります。

手軽で、お金もかからず(苦笑)、いつでも誰でも出来きて、ここまで効果が満載の「ウォーキング」。

もちろんアナタだって明日から、いえ、今からでも出来ます。今日から歩いて明日も歩いて、来週も来月も・・・。そうなればもうウォーキング無しではいられない生活になっているかもしれませんよ?

でもそれで健康な身体が手に入ればこんなにいい事はないですよね?

おや?ここまで知っちゃうと、これから「万歩計」を買いに行きたくなってきたのではないですか?

投稿本文下
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加