スポーツジムで必要な男性の持ち物は?あると便利なものも紹介!

「最近お腹が出てきたよなぁ~」
「やっぱりダイエットかなぁ~」
「とにかく何か運動しなくっちゃ・・・」
「よし、意を決してスポーツジムに通おう!」

と、入会したのはいいものの、はてさて、スポーツジムに通うには、

  • スポーツジムには何を持っていけばいいのだろう?
  • スポーツジムには何を持っていかないといけないのだろう?

という疑問をお持ちのサラリーマンの人に、スポーツジムでの持ち物と、ちょっと持っていれば便利な物という視点から選んだグッズを男性用を中心にご紹介します。

スポンサーリンク

スポーツジムで必要な持ち物(必須編)

トップス(スポーツシャツ)とボトムス(ハーフパンツ)

スポーツジムに通うわけですから、当たり前ですが、「身体を動かしやすい服装」が必須です。

一般的にはスポーツシャツ(いわゆるTシャツの類)のトップスとスポーツパンツ(ハーフパンツの類)のコンビが必須です。スポーツブランドからはいろいろな機能性生地のスポーツシャツが販売されています。

シューズ(室内用)

多くのスポーツジムでは土足は厳禁です。街路の泥土がついた外靴でフロアに入ることはできません。当たり前ですよね。

なので、フロアでは室内用のシューズを用意する必要があります。やはりここはスポーツブランドから出ているスポーツシューズ、できればメッシュタイプのものがいいでしょう。

タオル

忘れがちなのがタオルです。スポーツジムでの運動では当然大量の汗をかきます。

自分自身のためでもありますが、大量の汗でフロアを汚さないためにもタオルは必須です。その場合は小さいフェイスタオルよりも、スポーツタイプ用の少し大きめで長めのタオルがおススメです。

水泳時の水着、ゴーグル、キャップ

多くのスポーツジムではプールが併設されています。プールに入る場合は水着(当然ですね)とゴーグル、そしてキャップが必須です(誰しもプールに髪の毛が浮いているのは嫌なものですよね?)。

スポーツバッグ

当たり前ですが、このグッズをスポーツジムに持っていくためのバッグも必須です。出来れば大きめタイプのスポーツバッグがいいでしょう。

スポーツジムに通うための必須アイテムは以上です。

スポンサーリンク

スポーツジムであると便利な物は?

では、次にスポーツジムであると便利、持っていると役に立つものをご紹介します。せっかくスポーツジムに通うのですから、必須アイテムだけではなくて、楽しむグッズやより充実したジムの時間を過ごすためのグッズです。

ドリンクボトル(スポーツドリンク水分補給用)

スポーツジムには販売機でドリンクも売っていますが、自分用のドリンクボトルは持っていると便利です。中身はできればミネラルでもいいですが、大量の汗をかきますから、スポーツドリンクを入れておくのがいいでしょう。

スポーツウォッチ

ジムには時計がかけられていますので、基本的な時間は解ります。ですが、あと何分とか、今何分、何秒経過した・・・なんていう自分だけの時間を測りたい場合は、やはりリストウォッチ型のスポーツウォッチがあると便利です。

携帯音楽機器とイヤホン

ジムで黙々と走るのももちろん“有り”なのでしょうが、好きな音楽を聴きながら・・・のほうが、気分も上がりますし、断然走る時間も長くなります。そんな時のイヤホンも、普通のものよりも防水仕様のスポーツタイプのものだとより安心です。

バスタオル、シャンプー、石鹸

スポーツジムではシャワーやお風呂がついている場合が多く、サラリーマンのジム通いの人達の中には、このバスタイムが一番の楽しみ・・・という人も多いです。運動した後のお風呂は至福のひと時です(苦笑)。

多くのジムのお風呂にはシャンプーとボディーソープは設置されていますが、できればマイシャンプーと石鹸は持っていきたいですね。

替えの下着

スポーツジムでの時間を過ごし、帰り支度をする際によくあるのが「替えの下着を持ってきていなかった」ということです。気持ちよい汗をかいて、至福の時間をお風呂で過ごしたあとの最後の仕上げは「替えの下着」を着て、スッキリと帰宅の途につきたいですよね。

スポーツジムに通うために

スポーツジムに通うと決めたなら、出来れば長く続けたいもの。そのためには出来るだけ気軽に、通い易いためにも用意するものは少なくしたいものです。

スポーツジムに通う際に必ず必要なものは、

  • ウェア
  • シューズ
  • タオル

たったこの3つだけです。

※プールに入る場合は水着とゴーグルとキャップが必要です。

そんな簡単に用意できるグッズに、自分だけのジムタイムを楽しむグッズを加えて、自分だけのジムの楽しみを満喫するというのが、ジムグッズを考える一つの醍醐味かもしれませんね。

投稿本文下
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする